【必読】Amazonスポンサープロダクト広告の魅力とは?設定方法までズバリ解説

【必読】Amazonスポンサープロダクト広告の魅力とは?設定方法までズバリ解説

「Amazonスポンサープロダクト広告って何?」
「広告を出すメリットは?」
「設定方法を知りたい!」

Amazonへの広告を検討する場合、一度は耳にした経験がある方も多いはず。

導入企業も増えており、広告を出すメリットが多いと言われています。

では魅力の理由はなんでしょうか。

そこで今回はAmazonスポンサープロダクト広告の特徴から設定方法までを見ていきましょう。

筆者は以下の経歴を持っており、広告事業のお困りごとをズバリ解決しますよ!

・元コンサルティング会社に勤務
・計50社以上のEC事業をサポート
・2021年からECコンサルタントとして起業

それではAmazonスポンサープロダクト広告について順番に見ていきましょう!

Amazonスポンサープロダクト広告とは?

Amazonスポンサープロダクト広告とは?

Amazonスポンサープロダクト広告は、ユーザーの検索に連動して表示される広告です。

例えば「パソコン」と入力すると、検索結果上位で商品名上に「スポンサー」と表示されたPCがいくつか並んでいるのが分かるでしょう。

まさにこの商品こそ、スポンサープロダクトを経由して広告を打ち出した商品です。

表示される位置は検索結果以外にも、商品詳細ページも対象となります。

商品詳細ページは検索結果ページ下部に表示される「この商品に関連する商品」「検索結果に関連したブランド」のエリア。

当エリアにもスポンサーと書かれて優先表示されます。

Amazonスポンサープロダクト広告を出すメリット

Amazonスポンサープロダクト広告を出すメリット

ここからはAmazonスポンサープロダクト広告を出すメリットを解説していきます。

具体的には以下のとおりです。

・ユーザーの目に飛びつきやすい
・低予算からはじめられる
・広告施策の手間が掛からない
・初心者でも簡単に出稿できる

次から順番に見ていきましょう。

出稿メリット①:ユーザーの目に飛びつきやすい

スポンサープロダクト広告は、何と言ってもユーザーの目に飛びつきやすいです。

検索結果で最も注目されやすい場所に表示されるため、クリックされやすいのが特徴。

約7割以上の方が上位3商品の中から購入すると言われる背景からも、目立つ場所へ配置する重要性がわかるでしょう。

そんな希望を手軽に実現できるのがスポンサープロダクト広告なのです。

「商品認知度を上げたい」「商品をもっとクリックしてもらいたい」そんな悩みを持っている方に最適ですよ。

出稿メリット②:低予算からはじめられる

Amazonスポンサープロダクト広告は低予算からはじめられます。

クリック型課金であるのも特徴であり、商品がクリックされる毎に課金されていくのです。

出稿されただけで費用が掛かることはありません。

費用の詳細はキーワードによって異なりますが、一般的に1クリックあたり5~10円。

1日あたりの予算は約1,000円〜はじめられます。

予算を自由に設定出来るため、必要以上に広告費を使う心配もないでしょう。

そのため、お試しで使ってみたい人にも、スポンサープロダクト広告はおすすめと言えます。

出稿メリット③:広告施策の手間が掛からない

スポンサープロダクト広告は、広告施策の手間が掛からないのもメリットです。

Amazonに訪問するユーザーのほぼ全ては購買意欲の高い方。

クリックさえしてもらえば、販売につながりやすいのです。

そのため、商品自体が広告であるため、商品紹介ページや購入につながるお問い合わせページをつくる必要はありません。

Google・Yahooのリスティング広告やディスプレイ広告との大きな違いでしょう。

必要以上に労力や費用が掛からないのは、広告担当者としては嬉しいはずです。

出稿メリット④:初心者でも簡単に出稿できる

Amazonスポンサープロダクト広告は初心者でも簡単に出稿できます。

設定方法は後述しますが、正しい手順に沿っていけば10分程度で設定可能です。

「Amazonの広告はハードルが高そう」「設定が複雑に見える」などと思われがちですが、初めての方でも取り掛かれます。

是非次から解説する設定方法を参考にしてみてくださいね。

Amazonスポンサープロダクト広告の設定方法

Amazonスポンサープロダクト広告の設定方法

ここからはスポンサープロダクト広告の設定方法について、ポイントを絞って見ていきましょう。

具体的な流れは以下のとおりです。

・キャンペーンの作成
・広告グループの設定
・商品除外設定

次から順番に見ていきましょう。

設定方法①:キャンペーンの作成

まずはAmazon広告ログイン後「キャンペーンを作成する」をクリックしていきましょう。

キャンペーンの選択画面に移るため「スポンサープロダクト広告」を選びます。

作成画面ではキャンペーン名・配信期間・1日の広告予算を決めていきます。

ターゲティングでは「オートターゲティング」「マニュアルターゲティング」の2種類から選択。

大きな違いは、ユーザーが入力したキーワードに対し、自動でキャンペーンにもとづく商品とマッチさせるかどうか。

オートターゲティングであれば管理が簡単なため、初心者には向いています。

一方、マニュアルターゲティングは設定がやや複雑であるものの、細かい登録が可能です。

スキルに合せて設定していきましょう。

設定方法②:広告グループの作成

続いて広告グループの作成方法を見ていきましょう。

広告グループ名を設定後、今回出稿する商品を設定していきます。

商品は商品名やAmazonの商品識別番号で登録可能です。

CSVのアップロードによる登録も可能なため、設定しやすい方法で登録しましょう。

続いては登録した商品を「ターゲティング」します。

前述したオートターゲティング・マニュアルターゲティングによって設定方法が異なるため、順番に解説していきます。

<オートターゲティング>
オートターゲティングの場合、細かい設定はほぼ不要です。

入札額は一律で入力されていますが、ターゲティンググループに応じて金額も変えられます。

<マニュアルターゲティング>
マニュアルターゲティングではグループごとに「キーワードターゲティング」「商品ターゲティング」が選択可能。

今回はより一般的なキーワードターゲティングについて見ていきましょう。

キーワードターゲティングはユーザーの検索結果に基づき、設定したキーワードに合致した場合に広告が表示されます。

キーワードの設定で「推奨」を選んでおけば、Amazonが登録商品に準じて自動で選択。

「リストを入力」ではキーワードを手動で入力でき、さらに希望入札額を設定していきます。

最初は推奨を選び、慣れたらオリジナルにカスタマイズしていくのが良いでしょう。

設定方法③:商品除外設定

最後は除外設定を行っていきましょう。

除外設定は予期せぬキーワードから広告が表示されるのを事前に防ぐ設定です。

全く異なるキーワードからクリックされても、購買にはつながりません。

そのために、あらかじめ設定を行っておけば、無駄な配信も減っていきます。

「除外キーワードターゲティング」から、リストにキーワードを入力して「キーワードを追加」で設定完了。

当設定をしておくと、例えば紳士用ワイシャツを販売する際に「ランニングシャツ」を追加するだけで、スポーツのシャツ需要から外れます。

効率的に運用するためにも、商品除外設定をうまく使っていきましょう。

Amazonスポンサープロダクト広告で運用するコツ

Amazonスポンサープロダクト広告で運用するコツ

スポンサープロダクト広告を利用する際は、運用のポイントを把握しておくと良いでしょう。

具体的なコツは以下のとおりです。

・注力商品の入札額を上げる
・レポートを活用する

次から順番に見ていきましょう。

運用のポイント①:注力商品の入札額を上げる

注力商品の入札額は推奨額よりも上げるのがおすすめです。

出稿されるのは入札額が基準となるため、金額が大きければ露出機会も多くなります。

反対に金額が低いと広告が表示されません。

そのため「メイン商品の入札額を上げて、他は下げる」「一定期間注力商品の入札金額を高め、他の商品は掲載しない」など、バランスを取っていきましょう。

スポンサープロダクト広告は入札額がひとつのポイントです。

運用のポイント②:レポートを活用する

運用する際はレポートを活用していきましょう。

レポートは掲載商品から購買につながったキーワードが確認出来るツールです。

チェックして「購入につながらないキーワードを除外しよう」「購入につながったキーワードから関連するワードを増やしてみよう」などの対応が可能になります。

レポートは広告グループのメニューから簡単にダウンロード可能。

是非フル活用していきましょう。

Amazonスポンサープロダクト広告を利用して集客率アップを目指そう

Amazonスポンサープロダクト広告を利用して集客率アップを目指そう

今回はAmazonスポンサープロダクト広告の特徴から設定方法までを解説しました。

スポンサープロダクト広告はユーザーに注目されやすく、購買につながりやすいです。

加えて、運用の手間が掛かりにくいため、初心者でも取り扱いやすいと言えます。

Amazonで出品するなら、スポンサープロダクト広告の出稿も検討していきましょう。

The following two tabs change content below.
2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。

【ECマーケ】楽天市場で「勝つ秘訣」現役...
2022.09.25

「楽天で売上を伸ばしたい!」 「競合に打ち勝つた……

【Yahoo!】ヤフーショッピングで売上...
2022.09.13

「ヤフーショッピングの売上をもっと伸ばしたい!……

【楽天】これさえやれば月商100万円突破...
2022.08.28

「楽天で月商100万円を突破したい!」 ……

【必読】Amazonスポンサープロダクト広告の魅力とは?設定方法までズバリ解説
【必読】Amazonスポンサープロダクト...
2022.06.18

「Amazonスポンサープロダクト広告って何?」「広告……

楽天SEO対策の極意5選【検索結果で上位に表示させるためのポイントを一挙公開】
楽天SEO対策の極意5選【検索結果で上位...
2022.06.18

「楽天市場の検索結果で上位に表示させたい!」「そもそも……

広告コンサルティングとは【利用メリットや依頼の流れまでズバリ解説】
広告コンサルティングとは【利用メリットや...
2022.06.18

「広告コンサルティングはどんなサービス?」「依頼した場……

アマゾンSEO対策のポイントは? 【上位表示される基準と対策を徹底解説】
アマゾンSEO対策のポイントは? 【上位...
2022.06.18

「アマゾンで上位表示される基準は何?」「なぜSEO対策……

アマゾンSEO対策のポイントは? 【上位表示される基準と対策を徹底解説】
【出店者向け】Amazonと楽天の違いは...
2022.06.18

Amazonと楽天の違いを知りたい! こんな出店……

Yahooショッピングで出店するには【必要なものや費用、審査落ちの理由と対策を徹底解説】
Yahooショッピングで出店するには【必...
2022.06.18

Yahooショッピングで出店するにはどうしたらいいのか……

楽天出店審査は厳しい?【必要な条件や通過するためのポイントを徹底解説】
楽天出店審査は厳しい?【必要な条件や通過...
2022.06.18

楽天出店審査は厳しいって本当? こんな疑問を持っ……