wacworksロゴ
     

楽天のキーワード対策はなぜ必要?【キーワード選定のポイント6選とあわせて解説】

楽天のキーワード対策はなぜ必要?【キーワード選定のポイント6選とあわせて解説】

「楽天のキーワード対策はどうして必要?」
「単純に好きな商品名を決めてはいけないの?」
「キーワードを決めるためのポイントを教えてほしい!」

楽天市場への出品にあたり、キーワード選定で悩む方も多いでしょう。

そこで今回は楽天市場のキーワード対策における基礎知識と選定におけるポイントを解説していきます。

筆者は以下の経歴を持っており、ECモール関連のお悩みやお困りごとをずばり解決しますよ!

・元コンサルティング会社に勤務
・計50社以上のEC事業をサポート
・2021年からECコンサルタントとして起業

ぜひ本記事を参考にし、商品の検索順位を上げていきましょう!

楽天のキーワード対策とは

楽天のキーワード対策とは

楽天のキーワード対策とは、いかにして市場における検索順位を上げるかを考えていくものです。

一般的に楽天では売上件数・クリック数・キーワードを加味して、上位表示されていきます。

中でもキーワードに占める比率は大きく、対策を取らなければ全く売上が上がらないと言っても過言ではありません。

手当たり次第にキーワードを決めても、売上も上がらなければクリックもされないからです。

反対に、入念に対策を練っていけば、商品への注目度は右肩上がりで伸びていきます。

実際に市場内で売上トップを誇る企業は、日々上位表示されるよう試行錯誤しているのも事実。

そのため、売上アップを目指すのであれば、キーワード対策が不可欠なのです。

楽天のキーワード対策における基礎知識2つ

楽天のキーワード対策における基礎知識2つ

楽天キーワード選定のポイントを紹介する前に、まずはキーワード対策における基礎知識を解説していきます。

・評価対象になる項目
・キーワードで評価されるポイント

次から順番に見ていきましょう。

キーワード対策の基礎知識①:評価対象になる項目

楽天側が評価する項目は以下のとおりです。

・商品名
・PC用キャッチコピー
・モバイル用キャッチコピー
・PC用商品説明文
・スマートフォン用商品説明文
・PC用販売説明文

商品名だけでなく、キャッチコピーや説明文内のキーワードもチェックされます。

とくに楽天側から重点的に見られているポイントは商品名とキャッチコピー。

商品名にはメーカー型番やサイズまで、パッと見て商品の概要が分かるように入力していきましょう。

文字数制限があるため、シンプルで分かりやすく入れるのがポイントです。

また、キャッチコピーにもキーワードを自然な形で盛り込んでいきましょう。

面白くて注目されやすいキャッチコピーをつい考えがちですが、キーワードが入っていなければ検索上位表示されません。

このように、キーワードを入れる際は、あらかじめ評価対象となる項目を理解しておく必要があります。

キーワード対策の基礎知識②:キーワードで評価されるポイント

キーワードで評価されるポイントは大きく2つあります。

・キーワードがどれだけ盛り込まれているか
・関連キーワードが含まれているか

単純にキーワードが多く盛り込まれていれば、楽天側が検索にふさわしい商品と認識し、評価が上がっていきます。

しかし、不自然な形でキーワードを盛り込んでも、ユーザーは不信感を抱いてしまうでしょう。

結果的に購買へとつながらないため、あくまでユーザーファーストを念頭に置き、文脈に沿って入れる必要があります。

また、関連キーワードも評価の大きなポイント。

例えば、市場でスニーカーを販売するとしましょう。

「スニーカー」以外にも「靴」「シューズ」など、ユーザーが検索するであろうキーワード

も含めていくと、検索上位されやすいです。

以上のように、キーワードを考える際は、楽天が評価するポイントも把握しておきましょう。

楽天のキーワード対策における6つのポイント

楽天のキーワード対策における6つのポイント

ここからは楽天キーワード対策におけるポイントを解説していきます。

・キーワードは前半に入れる
・スモールキーワードを取り入れる
・検索窓を活用する
・ツールを使う
・注目キーワードをチェックする
・季節、イベントワードで対策する

次から早速見ていきましょう!

キーワード対策のポイント①:キーワードは前半に入れる

キーワードを入れる際は先頭や前半部分に持ってくるのがおすすめです。

例えば「ランニングシューズ」でキーワードを狙うとしましょう。

キャッチコピーは「新感覚で走れるランニングシューズ」よりも「ランニングシューズ革命!新感覚で楽しくランニング」のほうが評価されやすいです。

楽天が商品を査定する上で、目に付く場所にキーワードがあると評価しやすいからと言われています。

反対に、キーワードを左詰めではなく後ろに配置した場合、楽天側は見過ごしてしまう可能性もあるのです。

このような傾向から、キーワードは自然な形で前半に入れていきましょう。

キーワード対策のポイント②:スモールキーワードを取り入れる

スモールキーワードとは2言語以上を組み合わせたものです。

楽天市場ではビッグキーワード(1言語)で狙うよりも、スモールキーワードで戦略を立てていきましょう。

競合が少なくなるため、上位表示される可能性が高まります。

例えば、単純に「ランニングシューズ」で狙うよりも「ランニングシューズ メンズ 人気」で絞るのがおすすめです。

スモールキーワードで検索するユーザーは購買意欲が高いのもポイント。

とくに初めて出店する場合や出店して実績のない企業は、スモールキーワードで狙っていきましょう!

キーワード対策のポイント③:検索窓を活用する

スモールキーワードを狙うのがおすすめと言われても、どのようなキーワードを組み合わせればいいか分からないかもしれません。

そこでおすすめなのは楽天市場内の検索窓を使った方法です。

例えば、市場内の検索窓に「スニーカー」と入力すると「スニーカー 安い」「スニーカー ランキング」と表示されるのが分かるでしょう。

候補に上がってくるスモールキーワードが、主にユーザーが入力しているキーワードなのです。

そのため、表示されたスモールキーワードで狙っていくのが、検索上位に表示される近道と言えます。

ちなみに検索窓は楽天市場以外にも、GoogleやAmazonの検索窓を活用してもよいでしょう。

どのようなキーワードが検索されやすいのか、傾向が分かるはずです。

キーワード対策のポイント④:ツールを使う

検索窓の活用以外にも、無料のキーワード分析ツールを使う方法もおすすめです。

例えば、キーワードプランナーやラッコキーワードなどは無料分析ツールの代表格と言えます。

「該当キーワードがどれくらい検索されているのか?」が一目で分かり、戦略を立てるのに最適。

検索窓よりも幅広くキーワード候補が上がってくるため、初心者でも使いやすいです。

このような無料キーワード分析ツールも活用していきましょう。

キーワード対策のポイント⑤:注目キーワードをチェックする

楽天では「注目キーワード一覧」と呼ばれるページがあります。

検索されているキーワードのランキングを随時更新しているのです。

例えば、マスク・ワンピース・送料無料といった、検索されやすいキーワードがパッと見ただけでわかる優れもの。

ランキング内のキーワードをかけ合わせ、スモールキーワードとして狙うのも良いでしょう。

注目キーワード一覧は「楽天 キーワード」とネットで検索すれば、ランキングページが表示されます。

キーワード対策のポイント⑥:季節・イベントワードで対策する

季節やイベントの時期を狙って対策するのもおすすめです。

例えば「クリスマス 花」「父の日 財布」など、季節用語をキーワードに入れるだけで、購買に繋がりますつながりやすくなります。

イベントであれば、他にもハロウィン・バレンタイン・正月などを入れても良いでしょう。

また、イベントキーワードを入れる際は、期間中よりも2週間~1ヵ月前が最適です。

ユーザーがプレゼントを買い始める時期が狙い目になります。

楽天のキーワード対策を万全にしておこう

楽天のキーワード対策を万全にしておこう

今回は楽天市場のキーワード対策における基礎知識と選定におけるポイントを解説しました。

商品名やキャッチコピーは目的なく決めてもユーザーからは検索されません。

検索されるためにはキーワードに関する知識と対策を押さえておく必要があります。

まずは出品する前に「どのようなキーワードが検索されやすいか?」をツールや検索窓を活用して調べてみましょう。

キーワードへの対策を万全にしておけば、検索されない悩みも少なくなるはずです。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬
2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。
「売上が上がらない」「人手が足りない」などのお悩みを解決!詳しくはこちら
The following two tabs change content below.
2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。

楽天RMSが進化した!コンサルがベタ褒め...
2022.11.28

「楽天RMSはアップデートでどう変わったの?」……

Amazonレビュー依頼の5つのポイント【高評価をもらうためのコツと具体的な流れ】
Amazonレビュー依頼の5つのポイント...
2022.11.15

「Amazonではなぜレビューを獲得するのが重要なの?……

Amazonビジネスとは何か?【5つの利用メリットや未登録者に向けた登録方法を解説します】
Amazonビジネスとは何か?【5つの利...
2022.11.16

「Amazonビジネスとは一体何?」「一般ユーザーのア……

Amazonセールの種類と特徴を5つ紹介【活用してEC事業の売上を伸ばそう】
Amazonセールの種類と特徴を5つ紹介...
2022.11.14

AmazonでEC事業を始めても思うように売上が伸びな……

【楽天】売上が3倍になる?どんな商材でも...
2022.11.14

「楽天はサムネイルのルールが厳しい……」 ……

Amazonに出品したあとの発送方法と注意点を解説【方法を知れば簡単に発送できる】
Amazonに出品したあとの発送方法と注...
2022.11.13

「Amazonで商品を売りたくても発送方法が分からない……

Amazonの広告種類8選【3つの広告運用メリットもあわせて解説します】
Amazonの広告種類8選【3つの広告運...
2022.11.13

「Amazonではどんな広告が出せるの?」「それぞれの……

アマゾンで売れないのはなぜ?【その原因と10つの対策を解説します】
アマゾンで売れないのはなぜ?【その原因と...
2022.11.08

「アマゾンで出品したもののなぜ売れないの?」「……

【Yahoo!×PayPay統合】変更点...
2022.11.04

「Yahoo!ショッピングとPayPayモール……

楽天タグIDとディレクトリIDの活用で売上アップをしよう【簡単ですぐできる設定方法を解説します】
楽天タグIDとディレクトリIDの活用で売...
2022.11.08

「楽天タグIDって何?」「タグIDとディレクト……

【楽天】伸び悩み脱却!月商500万円突破...
2022.11.14

「楽天の売上をもっと伸ばしたい!」 ……

【楽天】数値の見方徹底解説!ROAS・C...
2022.10.30

「楽天の売上をもっと伸ばしたい!」 ……

Amazon仕入れはなぜ儲かりやすい?【3つの人気な理由と無料仕入れ方法について解説します】
Amazon仕入れはなぜ儲かりやすい?【...
2022.11.07

「Amazon仕入れにはどんな特徴がある?」「おすすめ……

アマゾン・楽天・ヤフーを8つの項目で徹底比較【出店形式や費用などをまるっと解説します】
アマゾン・楽天・ヤフーを8つの項目で徹底...
2022.11.07

「アマゾン・楽天・ヤフーどれに出店するのがおすすめ?」……

【Yahoo!×PayPay統合】優良店...
2022.10.26

「Yahoo!とPayPayの統合で優良店基準……

Amazon商品ページの作り方は簡単10STEP【作成時の3つの注意点もあわせて解説】
Amazon商品ページの作り方は簡単10...
2022.10.28

「Amazonで新規商品を売るためのページ作成……