ロゴ

Wacworks LINE公式アカウント追加

     

Amazon検索キーワード選定のポイント7選を紹介【3つの調べ方も合わせて解説します】

Amazon検索キーワード選定のポイント7選を紹介【3つの調べ方も合わせて解説します】

「Amazonではなぜキーワード対策が重要なの?」
「キーワードはどこに入れるのがおすすめ?」
「選定のポイントを教えてほしい!」

Amazonではキーワード選定がポイントと言われるものの、何をどう対策すれば良いか分からない方も多いでしょう。

そこで今回はAmazon検索キーワード選定のポイントと調べ方について解説していきます。

筆者は以下の経歴を持っており、AmazonSEOに関するお悩みやお困りごとをずばり解決しますよ!

・楽天市場、Amazon、Yahooショッピング、自社ECなどEC事業をTOTALサポート
・計100社以上のEC事業をサポート
・コンサルティング契約リピート率95%以上(ご契約から6ヶ月間での実績)

ぜひ本記事を参考にしてAmazonの売上を伸ばしていきましょう!

Amazon検索キーワードとは

Amazon検索キーワードとは

Amazon検索キーワードとは消費者が商品を探す際、検索窓に入れる語句です。

例えばパソコンを探す場合は「パソコン おすすめ」「高性能 パソコン」などと入力するはず。

そこで出品者側は事前に指定箇所へキーワードを入れておけばおくことで検索されやすくなります。

Amazon側が「検索結果にふさわしい商品」として認識し、より注目される位置に商品を配置するのです。

そのため出品者にとってはキーワード対策こそが売上アップへの近道と言えるでしょう。

Amazon検索キーワード対策における重要性

Amazon検索キーワード対策における重要性

Amazon検索キーワード対策は消費者心理と大きく関係しています。

Amazonによるとユーザーの約7割は検索結果トップページしか見ないと言われているのも事実。

加えて約8割のユーザーは検索結果上位3商品から購入するため、いかに上位に食い込むかが重要となるのです。

もちろん広告を出稿して目立つ位置に配置するのも可能ですが、出稿費用はその分掛かってしまいます。

そのためにもSEO表示枠で多くの商品を上位表示させていきましょうるのが大切です。

Amazon検索キーワードを入れる場所

Amazon検索キーワードを入れる場所

キーワードを入れる箇所で意識したいのは商品タイトル・説明文・検索キーワードフィールドです。

商品タイトルは可能な限り左詰めでキーワードを入れると、Amazonによる評価値も高くなる傾向にあります。

説明文は商品紹介ページ下部「この商品について」の部分。

商品の良さが伝わる文章を書くとともに自然な形でキーワードを入れていきましょう。

キーワードを意識し過ぎて不自然な文章であると、ユーザーが不信感を抱き購入に至りません。

最後の検索キーワードフィールドは商品登録時に商品タイトルで入力できなかったキーワードを入れる項目です。(商品紹介ページでは表示されません)

当項目にはメインキーワードの他にも関連キーワードを入れていきます。

以上のように検索キーワードを入れる際は3つの箇所を意識していきましょう。

Amazon検索キーワード選定の7つのポイント

Amazon検索キーワード選定の7つのポイント

ここからはAmazon検索キーワード選定のポイントを7つ解説していきます。

具体的なポイントは以下の通りです。

①ルールを再確認する
②ロングテールを意識する
③上位商品を確認する
④ターゲットを明確にする 
⑤関連付けを行う
⑥時代を先読みする
⑦常に振り返る

次から順番に見ていきましょう。

ポイント①:ルールを再確認する

キーワードを選ぶ前にまずはAmazon側のルールを再確認していきましょう。

例えばAmazonでは以下のキーワードを入れるのは禁止されています。

・「激安」「セール中」など安さを打ち出した表現
・同じキーワードの繰り返し
・ブランド名とASINの入力

他にも決められたルールがあるため事前に確認しておきましょう。

反対にルールを守らなければ上位表示されないため注意が必要です。

ポイント②:ロングテールを意識する

ロングテール戦略とは複数のキーワードを合わせて競争率が低い層を狙っていく戦い方です。

例えば「マスク」よりも「マスク かわいい 立体」のキーワードで狙うと、っていきます。競争を避けて少ないユーザーへ確実に検索してもらえるのです。

とくに最初は出品しても見てもらえない時期が続くため、ロングテール戦略は初心者こそおすすめ。

後述するツールを活用して選定していきましょう。

ポイント③:上位商品を確認する

キーワード選定の場合は上位商品を欠かさずチェックしておきましょう。

上位商品のタイトルや説明文で「どんなキーワードが含まれているか?」「説明文には何の言葉が多く入っているか?」を意識して見ると意外なヒントが分かってきます。

多く含まれているキーワードがAmazonによって評価されているのです。

そのキーワードをもとに組み立てていけば上位表示される確率も高くなるでしょう。

ポイント④:ターゲットを明確にする

キーワードを考える際に重視しておきたいのはターゲットです。

ターゲットが明確であればキーワードも思いつきやすく、タイトルや説明文も狙いを絞って書けます。

例えば、靴を販売する場合も「高齢の女性へウォーキング向け」とターゲットを明確にしておけば「靴 ウォーキング 女性」のようにキーワードが決められるでしょうます。

反対に狙う層がブレてしまうと、いくら検索されても販売にはつながりません。

ポイント⑤:関連付けを行う

複数のキーワードで狙う場合は関連付けを意識していきましょう。

例えば冬に向けて長袖を販売する場合「シャツ 長袖」であればAmazonで多くの結果が表示されます。

しかし「シャツ 寒い」ではAmazonで調べてもヒットしません。

このようにユーザーが検索しそうな語句の関連付けが重要です。

つながりを持たない語句を並べてしまうケースは多いため意識しておきましょう。

ポイント⑥:時代を先読みする

現在検索ボリュームは少なくても今後伸びる可能性のあるキーワードも存在します。

例えば家電商品を販売する場合、共働きが増える今後を見据えて「時短」「共働き」なども入れてくのがおすすめ。

長い目で見てキーワードを決めておけば、いざ検索率が上がった際に注目されやすいです。

このようにキーワードを選定する際は目に見えない部分にも注目していきましょう。

ポイント⑦:常に振り返る

キーワードを選んで出品しても常に振り返る姿勢が重要です。

検索されるキーワードは時期やタイミングによって大きく変わります。

たとえ現在検索ボリュームが高くても、1ヵ月後にまったく検索されないケースもあるのは念頭に置いておきましょう。

そのためにも後述するツールを活用して欠かさず分析するのが大切です。

Amazon検索キーワードの調べ方3つ

Amazon検索キーワードの調べ方3つ

それでは最後にAmazon検索キーワードの調べ方を解説していきます。

①サジェストキーワードの使用
②ブランド分析の利用
③ツールの活用

次から順番に見ていきましょう。

検索キーワードの調べ方①:サジェストキーワードの使用

サジェストキーワードはより一般的な検索方法です。

例えばAmazonページの検索窓に「マウス」と入力すると「マウス 無線」「マウス bluetooth」と候補が表示されるのが分かるでしょう。

候補にあがっているものが検索回数の多いキーワードになります。

この方法はGoogleの検索窓でも利用できるため参考にしてみましょう。

ユーザーの知りたい商品や情報がいち早く分かるはずです。

検索キーワードの調べ方②:ブランド分析の利用

Amazonのセラーセントラルではブランド分析機能があり、効果的に使っていくと良いでしょう。

サジェストキーワード同様、キーワードを指定すると関連キーワードが一覧として表示されます。

サジェストキーワードと違うのは検索頻度の高さが分かる点。

ビッグキーワードからスモールキーワードまで一覧で表示されるのが便利です。

ブランド分析のデータを有効利用していきましょう。

検索キーワードの調べ方③:ツールの活用

他にもキーワード抽出ツールを活用するのもおすすめです。

例えばキーワードプランナー・Ubersuggest・ラッコキーワードなどは無料で利用できます。

無料でも有益な情報が知れるため使わない手はありません。

市場のリアルな情報がいち早く知れるため、まずは登録してみましょう。

Amazon検索キーワードの知識を深めて上位表示させよう

Amazon検索キーワードの知識を深めて上位表示させよう

今回はAmazon検索キーワード選定のポイントと調べ方について解説しました。

Amazon検索キーワードとはユーザーが商品を探す際、検索窓に入れる語句です。

商品タイトル・説明文・検索キーワードフィールドへキーワードを入れておくことで検索されやすくなります。

そのためにもロングテールを意識し、キーワード同士の関連付けを意識していきましょう。

キーワード選定のポイントを押さえておけば時間の経過とともに上位表示されるはずです。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬
2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。
「売上が上がらない」「人手が足りない」などのお悩みを解決!詳しくはこちら
The following two tabs change content below.
2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。

2023.01.23

【30%割引コード付き】セラースプライトはAmazonの分析ツール!機能や料金を解説...

弊社にセラースプライトの割引コードが発行されました。 有料版の申し込み画面で割引コー……

Amazonプライムマークをつける効果とは?【5つのメリットと設定方法を解説】

2023.01.18

Amazonプライムマークをつける効果とは?【5つのメリットと設定方法を解説】...

「Amazonプライムマークって何?」「マークをつけるメリットは?」「設定は簡単にできるの……

【知らなきゃ損】Amazonプロモーション機能の3つの利用メリットと設定手順を解説

2023.01.17

【知らなきゃ損】Amazonプロモーション機能の3つの利用メリットと設定手順を解説...

「Amazonプロモーション機能って何?」「設定するとどんなメリットがあるの?」「具体的な……

Amazonの商品名ルール7つ【売上に繋がる商品名の考え方をわかりやすく解説します】

2023.01.16

Amazonの商品名ルール7つ【売上に繋がる商品名の考え方をわかりやすく解説します】...

Amazonで出品する際、商品名の考え方で迷ってはいませんか? Amazonの商品名……

2023.01.19

【楽天スーパーセール】すぐに使える対策って?競合と差がつくおすすめ機能も紹介...

「楽天スーパーセールに対策は必要?」 「具体的に何をすれば良いの?」 ……

2023.01.18

楽天で売上を伸ばすポイントとは?「勝つ秘訣」を現役コンサルが解説...

「楽天で売上を伸ばすにはどうしたらいいの?」 「競合に埋もれてしまった……」……

Amazonクリックポストを活用して自己配送を充実させよう【クリックポストの特徴5つも紹介】

2023.01.15

Amazonクリックポストを活用して自己配送を充実させよう【クリックポストの特徴5つも紹介...

AmazonでEC事業を開始した際に梱包から発送をご自身でするかFBAを利用してA……

Yahoo!ロコの意味とは?【登録メリットと集客するためのコツ3選】

2023.01.14

Yahoo!ロコの意味とは?【登録メリットと集客するためのコツ3選】...

「Yahoo!ロコって何?」「登録するメリットは?」「集客するためのコツが知りたい!」 ……

Amazonの小型軽量プログラムの3つメリットについて解説【小さい商品を扱うなら登録必須】

2023.01.10

Amazonの小型軽量プログラムの3つメリットについて解説【小さい商品を扱うなら登録必須】...

Amazonで販売を行っている方には、小型の商品を中心に取り扱っている人も多くいると思いま……

Yahoo!ショッピングの優良配送とは何?【5つのメリットや獲得条件もあわせて解説します】

2023.01.09

Yahoo!ショッピングの優良配送とは何?【5つのメリットや獲得条件もあわせて解説します】...

「Yahoo!ショッピングの優良配送って何?」「設定するとどんなメリットがあるの?」「獲得……

2023.01.17

【30%OFF】セラースプライトの割引クーポン配布中!料金から機能まで解説...

記事の最後に料金が30%オフになる割引コードがあります! 「セラースプライトをお手頃……

【5分でわかる】Amazonの相乗り出品方法と注意点【3つの対策ポイントも紹介】

2023.01.13

【5分でわかる】Amazonの相乗り出品方法と注意点【3つの対策ポイントも紹介】...

AmazonでEC事業を始める場合、自社ブランド商品を持っていない際は相乗り出品という方法……

Amazonマーケットプレイスの内容と3つのメリットを解説【中古品を販売したい方は必見】

2023.01.12

Amazonマーケットプレイスの内容と3つのメリットを解説【中古品を販売したい方は必見】...

Amazonで販売を行っている方で、中古品を扱いたいと思っている人もいるのではない……

AmazonFBAとは【5つのメリット・デメリットから登録方法までご紹介】

2023.01.06

Amazon FBAとは【5つのメリット・デメリットから登録方法までご紹介】...

AmazonでEC事業を始める際に考える内容の1つとして、発送や梱包など在庫管理方法があり……

2022.12.27

【楽天】6月のスーパーセールを振り返る!次回気をつけるべきことをECコンサルが解説...

「楽天スーパーセールで売上を伸ばしたい!」 「過去のスーパーセールはどんな感……

2022.12.23

【割引コード付き】セラースプライトをお得に利用する方法とは?料金プランと3つの機能も解説...

「セラースプライトをお得に使う方法って?」「料金プランを教えて!」「結局セラースプライトで……