ロゴ
     

アマゾンSEO対策のポイントとは【上位表示される基準と対策を徹底解説】

アマゾンSEO対策のポイントは? 【上位表示される基準と対策を徹底解説】

「アマゾンで上位表示される基準は何?」
「なぜSEO対策が必要なの?」
「対策のポイントを知りたい!」

出品商品がなかなか目立つ場所に表示されず、売上が上がらないと悩む方も多いはず。

実際、ユーザーの約7割は上位3商品の中から購入を決めています。

このような分析結果からも、商品を上位表示させる重要性が分かるでしょう。

そこで今回はアマゾンSEOの評価基準と対策ポイントを解説していきます。

筆者は以下の実績持っており、SEO対策のお悩みやお困りごとをまるっと解決しますよ!

・楽天市場、Amazon、Yahooショッピング、自社ECなどEC事業をTOTALサポート
・計100社以上のEC事業をサポート
・コンサルティング契約リピート率95%以上(ご契約から6ヶ月間での実績)

ぜひ最後まで読み、アマゾンの売上を上げていきましょう!

アマゾンSEOとは

アマゾンSEOとは

アマゾンSEOとは出品商品をアマゾンに認識してもらい、上位表示されるための対策になります。

現在目立つ場所に表示されている商品も、アマゾンのあらゆる基準に合格した結果と言えるのです。

そのため、売上を上げるにはSEOのポイントを押さえるのが必要不可欠。

販売数を上げるのと同時に、いかに上位表示させるかを考えていきましょう。

アマゾンSEOの必要性

アマゾンSEOの必要性

アマゾンSEOはユーザーからの注目度を上げるために必要です。

とはいえ、他にも取り組むべき理由があります。

ここからは具体的な理由について見ていきましょう。

・市場規模が大きい
・上位表示基準の項目が多い

次から順番に解説していきます。

アマゾンSEOの必要性①:市場規模が大きい

アマゾンの市場規模は世界的に見ても大きく、それだけ競合商品も多いです。

日本のネットショップと言えば、アマゾンか楽天市場が思い浮かぶかもしれません。

しかし、海外に目を向けるとアマゾンの一強であるのが分かります。

今後日本でも市場規模はさらに拡大すると見られており、SEOの知識は必要不可欠です。

「出品すれば売れる」時代から「SEO対策に取り組んだ商品だけが売れる」時代へと変わっていくでしょう。

そのためにも、SEOのポイントは押さえておくのがおすすめです。

アマゾンSEOの必要性②:上位表示基準の項目が多い

アマゾンにおける上位表示基準は以前にも増して複雑化されています。

通称「A10」と呼ばれる基準には、一般的な販売数以外の項目も追加されているのです。

基準を正しく把握し、クリアするための対策を取れば自動的に上位表示されるでしょう。

そのためにも、次から解説する基準を是非チェックしてください!

アマゾンSEOで上位表示される基準

アマゾンSEOで上位表示される基準

ここからはアマゾンSEOで上位表示される基準を解説していきます。

具体的な基準は以下のとおりです。

・キーワードの関連性
・直近の販売数
・レビューの高さ

次から順番に見ていきましょう。

アマゾンの上位表示基準①:キーワードの関連性

ユーザーの検索キーワードが、どれだけ商品と関連しているかが重要です。

アマゾンはキーワードの一致率で表示順を判断している部分もあります。

そのため、検索されるであろうキーワードを想定し、いかに商品に盛り込むかがキーポイント。

キーワードの入れ方については後述しますが、まずはキーワードが肝になるのは念頭に置いておきましょう。

アマゾンの上位表示基準②:直近の販売数

直近の販売数はSEOに大きく影響を与えます。

アマゾンから明確な期間は発表されていないものの、具体的には2週間以内と捉えて良いでしょう。

そして、アマゾンは販売金額よりも件数を重視するのが現状。

「いくら売れているか?」よりも「いくつ売れているか?」が重要なのです。

まずは販売数を意識していきましょう。

アマゾンの上位表示基準③:レビューの高さ

レビューの高さも上位表示される基準のひとつです。

アマゾンは商品レビューの高さから商品価値を判断しています。

「多くの方から評価されているから、利便性の高い商品だろう」と認識。加えて、ユーザーもレビューの高い商品に手が届きやすいはず。

レビューに注目するのはSEOとユーザーどちらにも好影響があるのです。

アマゾンSEO対策5選

アマゾンSEO対策5選

ここからはアマゾンSEO対策について解説していきます。

具体的な対策は以下のとおりです。

・キーワードを入れる
・広告に出す
・在庫を確保する
・購買率を上げる
・価格を適正にする

次から順番に見ていきましょう。

アマゾンSEO対策①:キーワードを入れる

まずは検索されそうなキーワードをうまく盛り込んでいきましょう。

例えば「キーボード」よりも「キーボード 疲れにくい」「キーボード 打ちやすい」など、一語よりも、言葉を組み合わせるのが得策と言えます。

なぜなら、複数ワードの掛け合わせだと、競合が比較的少ないからです。

実績の少ない商品でも、割って入る隙間があるでしょう。

入れる箇所は商品名・紹介コンテンツ・商品説明の箇条書きなどに組み込んでいきます。

この際、より自然な文章で入れるのがポイント。

SEOを意識しすぎるあまり不自然になっては逆効果です。

アマゾンSEO対策②:広告に出す

直近の販売数を上げるには広告に出してみるのもおすすめです。

アマゾンには一般的な販売枠とは別に広告枠があります。

スポンサープロダクト広告と呼ばれ、クリック課金式で広告出稿が可能。

実績が乏しいと上位表示まで時間が掛かるものの、広告枠なら費用次第で目立つ場所に表示できます。

販売実績が上がれば、一般枠でも上位にきやすいです。

是非スポンサープロダクト広告への出稿も検討していきましょう。

アマゾンSEO対策③:在庫を確保する

商品掲載時は在庫数も常に確認しておくのがポイントです。

在庫切れを起こせば配達日数に時間を要してしまいます。

結果、売り逃しにつながり、販売数が下がっていくのも事実。

アマゾンは販売数をSEOの基準としているため、表示順位は徐々に下がってしまいます。

競合相手の在庫数も確認しておき、ライバルよりもスピーディーに配送していきましょう。

アマゾンSEO対策④:購買率を上げる

アマゾンSEO対策では購買率を意識していきましょう。

購買率はクリックされた商品がどれだけ購買につながっているかの数値です。

いくらクリックされても、販売に至らなければ意味がありません。

そのためにも、とくに商品画像には注力したいところ。

ユーザーは視覚で受けた情報から購買につながると言っても過言ではありません。

商品ページに使える7枚の画像は全て利用し、キャッチコピーや割引ポップアップをうまく使っていきましょう。

SEO対策を練る上で購買率は重要です。

アマゾンSEO対策⑤:価格を適正にする

販売数は重要ですが、価格を下げすぎるのも良くありません。

低価格の商品はかえってユーザーに疑問を抱かせてしまいます。

「本当に品質上問題ないのか?」「もしかしたら送られて来ないんじゃないか?」などを連想させてしまうのです。

加えて、急激な価格減額はアマゾンのSEO評価を落とすと言われているのも事実。

販売数を優先するあまり、価格が非現実的にならぬよう注意しましょう。

そのためにも、日頃から競合の価格調査は必須です。

アマゾンSEOのポイントを押さえて注目度を上げよう

アマゾンSEOのポイントを押さえて注目度を上げよう

今回はアマゾンSEOの評価基準と対策ポイントを解説しました。

アマゾンは出品数世界一と呼ばれる市場背景からも、SEO対策を取る価値は十分にあります。

まずは商品名や紹介コンテンツのキーワードを見直し、少数ユーザーから購買されやすい言葉を入れていくのが先決。

販売数が上がれば、徐々により多くのユーザーからクリックしてもらえます。

本記事をあらためて参考にし、商品の注目度を上げていきましょう。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬
2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。
「売上が上がらない」「人手が足りない」などのお悩みを解決!詳しくはこちら

【5分でわかる】FBAマルチチャネルサービスのメリットとデメリットや登録方法を紹介

2023.05.30

【5分でわかる】FBAマルチチャネルサービスのメリットとデメリットや申込方法を紹介...

ECサイトを複数運営していると在庫管理や発送手配に時間がかかり、販売管理に時間がかけられな……

ECパッケージのメリットデメリットを紹介【3つの選定ポイントも解説】

2023.05.29

ECパッケージのメリットデメリットを紹介【3つの選定ポイントも解説】...

ECサイトを構築する方法はASPやオープンソース、ECパッケージなど商品やサービス、売上規……

2023.05.19

楽天転換率を上げる方法は?平均値とおすすめのツールも紹介...

EC-UPの有料プラン(シルバー・ゴールドに限る)で使える割引コードを配布しています!割引……

2023.05.19

ネクストエンジンとは?サービスの特徴や料金・評判を解説!...

ネクストエンジンは、ネットショップやECサイトの管理に便利なツールです。Yahoo!ショッ……

ECサイト構築サービスはなぜ便利?【導入メリットと5つのサービスを解説】

2023.05.17

ECサイト構築サービスはなぜ便利?【導入メリットと5つのサービスを解説】...

「なぜ最近ECサイトの構築サービスを利用する人が増えているの?」「具体的な導入メリットを教……

【利用推奨】物流アウトソーシングはなぜおすすめ?【5つの活用メリットを解説】

2023.05.16

【利用推奨】物流アウトソーシングはなぜおすすめ?【5つの活用メリットを解説】...

「物流をアウトソーシングするメリットは?」「どんな業務を依頼できるの?」「業者に依頼する場……

ECサイトで在庫管理はなぜ必要?【活用メリットと効率的に運用するポイント3選】

2023.05.13

ECサイトで在庫管理はなぜ必要?【活用メリットと効率的に運用するポイント3選】...

「ECサイトで在庫を管理する目的は?」「管理すると得られるメリットを知りたい!」「システム……

【活用必須】発送代行のサービス内容と活用メリット5選を解説

2023.05.12

【活用必須】発送代行のサービス内容と活用メリット5選を解説...

「発送代行って何?」「活用するとどんなメリットがあるの?」「具体的なサービス内容を教えてほ……

ECカートの5つの機能と4つの種類を解説【選定ポイントも3つ紹介】

2023.05.11

ECカートの5つの機能と4つの種類を解説【選定ポイントも3つ紹介】...

EC事業を始める際に重要なのがECカートシステムの選定です。 なぜならECカートは数……

セラースプライトとは?使い方とできることを徹底解説

2023.05.30

セラースプライトとは?使い方とできることを徹底解説...

セラースプライトを月額30%オフで使える割引コードを配布しています!割引コード:JW601……

ECサイトの集客方法7選【集客が必須な理由と売上アップのポイントも解説】

2023.05.02

ECサイトの集客方法7選【集客が必須な理由と売上アップのポイントも解説】...

「ECサイトでも集客が必要?」「どんなマーケティング手法があるの?」「集客アップのポイント……

【5分でわかる】Amazonストアページを作成する3つのメリットと作成方法

2023.04.30

【5分でわかる】Amazonストアページを作成する3つのメリットと作成方法...

AmazonでEC事業を始めて競合他社の商品ページをみると独自性があると感じたことはないで……

ECモールとは何?【5つの出店メリットと3大モールの特徴も解説】

2023.04.26

ECモールとは何?【5つの出店メリットと3大モールの特徴も解説】...

「ECモールとはどんな出店形式?」「出店するメリットは?」「楽天市場やAmazonはECモ……

ECサイトのリピート率を劇的に伸ばす方法5選【重要性も紹介】

2023.04.25

ECサイトのリピート率を劇的に伸ばす方法5選【重要性も紹介】...

ECサイトの運営を始め、新規顧客の獲得はできるがリピーターが増えず、悩んでいる方も……

Amazon FBAパートナーキャリアの3つのメリットや料金を解説【利用すれば送料がさらに安くなる】

2023.04.24

Amazon FBAパートナーキャリアの3つのメリットや料金を解説【利用すれば送料がさらに...

AmazonのFBAを利用している方は、FBA倉庫に納品する必要があり、その度に発送料金を……

セラースプライトのログイン方法は?主な機能と使い方も解説

2023.04.19

セラースプライトのログイン方法は?主な機能と使い方も解説...

セラースプライトを月額30%オフで使える割引コードを配布しています!割引コード:JW601……