ロゴ
     

Amazonの画像を設定する際の攻略ポイント7選【掲載ルールと画像にこだわるべき理由も解説します】

Amazonの画像を設定する際の攻略ポイント7選【掲載ルールと画像にこだわるべき理由も解説します】

「Amazonの画像に掲載ルールはあるの?」
「商品画像にこだわるべき理由を教えてほしい!」
「メイン・サブ画像それぞれ設定時のポイントを知りたい!」

このようにAmazonの画像設定時は悩みや心配事がつきものです。

そこで今回はAmazon画像の掲載ルールと設定時の攻略ポイントを中心に解説していきます。

筆者は以下の実績を持っており、ECサイト画像関連のお悩みやお困りごとをずばり解決しますよ!

・楽天市場、Amazon、Yahooショッピング、自社ECなどEC事業をTOTALサポート
・計100社以上のEC事業をサポート
・コンサルティング契約リピート率95%以上(ご契約から6ヶ月間での実績)

ぜひ本記事を参考にして魅力ある商品画像を掲載していきましょう!

Amazonの画像には2種類ある

Amazonの画像には2種類ある

Amazonの画像には「メイン画像」と「サブ画像」があります。

メイン画像は検索結果画面一覧で表示される画像であり、商品詳細画面で一番最初に表示される画像です。

ユーザーの目に留まる画像であるため売上に最も左右すると言っても過言ではありません。

また、サブ画像は商品詳細画面でメイン画像以外に設定されている画像です。

メイン画像とは異なりサブ画像は設定しなくても問題ありません。

とはいえ情報を正確に伝えられる項目であるため、最大8枚設定しておくのがポイントです。

実際に売上が上位の商品は必ずと言っていいほどサブ画像が設定されています。

Amazonで画像を設定する際のルール

Amazonで画像を設定する際のルール

Amazonではメイン・サブ画像それぞれ設定時のルールがあります。

具体的には以下の通りです。

<メイン画像>
・背景は白(RGB値がいずれも255で指定)
・画像は商品のみ(文言の掲載は禁止
・500ピクセル以上(1000ピクセル以上が望ましい)
・JPEG、GIF、PNG、TIFF形式での掲載(JPEGを推奨)

<サブ画像>
・画像以外にも文言の掲載がOK
・背景色は白以外も認められている
・最大8枚まで(スマホは6枚までしか見られない)

このようにメイン画像には様々な制約があり、ルールの範囲内で設定しなければいけません。

反対にサブ画像はメイン画像ほどの厳しいルールがないため、サブ画像でうまく差別化を図っていきましょう。

ちなみにメイン画像の設定ルールを守っていないと検索対象外になります。

いくらSEO対策を頑張っても検索されないため、かならずルールは守る必要があるのです。

Amazon画像にこだわるべき3つの理由

Amazon画像にこだわるべき3つの理由

Amazonではメイン・サブ画像ともにこだわるべき理由があります。

具体的な理由は以下の通りです。

①クリック率アップのため
②視覚に訴えられるため
③信頼性を高められるため

次から順番に見ていきましょう。

画像にこだわるべき理由①:クリック率アップのため

Amazonは楽天市場やヤフーショッピングよりも画像掲載ルールが厳しいと言われています。

実際に楽天市場やヤフーショッピングでは白背景だけでなく、写真背景をそのまま載せている画像も見受けられるでしょう。

しかし、Amazonは白背景限定であり写真背景もNG。

ほぼ同じ背景の商品が並べられており、クリックしてもらえるかどうかは撮影者の腕が大きく左右されるのです。

ゆえにAmazonではより画像にこだわる必要があります。

画像にこだわるべき理由②:視覚に訴えられるため

消費者がECサイトを見る際、テキスト(説明文)を確認するのは全体の20%と言われています。

ほぼテキストは読まれないと言ってもよいでしょう。

一般的にユーザーは画像と価格を購入の判断材料としているのです。

このような事実からも画像に力を入れれば購入につながりやすいと言えます。

シンプルさを心掛けた上で、必要な情報を画像へ盛り込んでいきましょう。

画像にこだわるべき理由③:信頼性を高められるため

メイン画像が見やすかったり、サブ画像が豊富で雰囲気が伝わったり。

そのような魅力があると消費者は商品への信頼性を高めます。

結果的に購買へとつながっていくでしょう。

一方、サブ画像が無い場合やズームしても画像が見にくいと買う気力がわかなくなります。

消費者は画像という少ない情報から信ぴょう性をチェックしているのは念頭に置いておきましょう。

Amazon画像の攻略ポイント7選

Amazon画像の攻略ポイント7選

それでは最後にAmazon画像の攻略ポイントを解説します。

具体的なポイントは以下の通りです。

①画像は上限まで設定する
②動画を設定する
③角度を変えて撮影する
④人が利用しているシーンも加える
⑤サイズ、比較表画像を採用する
⑥スマホの見え方を優先させる
⑦ズーム前提で画像を撮影する

次から順番に見ていきましょう。

攻略ポイント①:画像は上限まで設定する

画像はサブ画像8枚の上限まですべて設定していきましょう。

掲載画像枚数が豊富であると受け取れる情報も多くなります。

結果的に信頼性の高さへとつながり購入アップにつながりやすいのです。

注意点はスマホ表示であるとサブ画像掲載枚数の上限が6枚である点。

優先したい画像は最初の6枚に掲載していきましょう。

攻略ポイント②:動画を設定する

Amazonではサブ画像の一つとして商品解説動画をアップできます。

動画であるとより詳しい情報を伝えられ臨場感あふれる映像でアピール可能。

売上アップにつながりやすいのです。

実際にAmazonが発表したデータによると、商品解説動画を見て購入した比率は見ていない場合に比べて約3.5倍と言われています。

売上で悩む方は商品解説動画のアップも検討していきましょう。

攻略ポイント③:角度を変えて撮影する

商品を撮影する際は様々な角度から撮影していきましょう。

なぜなら角度によって商品の大きさや色合いの伝わり具合が変わってくるからです。

実際に「正面画像を参考に買ったけど実際は奥行きが想像以上にあった」のようなケースもあります。

返品やクレームの原因となるためあらかじめ色んな角度から撮影しておきましょう。

正面・背面・裏側・横・上などのアングルから撮影するのがおすすめです。

攻略ポイント④:人が利用しているシーンも加える

サブ画像には実際に人が利用している画像も設定していきましょう。

サイズ感・利用シーン・利用効果などが手に取るように分かります。

実際にAmazonの上位商品では人を上手く活用しているもの。

ターゲットによってモデルの人物を臨機応変に変え、リアリティあふれる画像を提供していきましょう。

万が一モデルが見つからない場合はSNS・撮影会社・マッチングサイトなどで探せば、依頼媒体が見つかります。

攻略ポイント⑤:サイズ、比較表画像を採用する

商品によってサイズが複数ある場合は画像で説明するのもおすすめです。

表としてまとめれば情報が効果的に伝えられ消費者の理解度も大幅アップ。

説明文で確認するよりも説得力が増すのです。

またサイズ以外にも色違いがあれば漏れなく設定していきましょう。

画像を掲載する際はこのような「分かりやすさ」がポイントとなります。

攻略ポイント⑥:スマホの見え方を優先させる

画像を設定する際はスマホでの見え方を最優先させましょう。

なぜならECサイトを見る消費者はスマホがメインだからです。

画像を設定しても「スマホだと商品が大きすぎて見づらい」「画像内のテキストが変な場所で改行されている」などの不満をうむ原因にもなりかねません。

場合によってはAmazonからの評価が下がり検索順位が落ちる可能性もあります。

画像を設定したらかならずスマホでも確認しておきましょう。

攻略ポイント⑦:ズーム前提で画像を撮影する

画像はズーム前提で撮影するのがポイントです。

とくにアパレルや家具などの分野では細部までこだわるユーザーが多くなります。

消費者のニーズへ対応できれば売上アップにつながるでしょう。

画質は1000ピクセル以上であればズーム対応可能です。

あらためて画質について見直していきましょう。

Amazonで魅力ある画像を設定し売上アップを狙おう

Amazonで魅力ある画像を設定し売上アップを狙おう

今回はAmazon画像の掲載ルールと設定時の攻略ポイントを中心に解説しました。

画像はクリック率や信頼性にもつながるため重視すべきポイントです。

そのためにもメイン・サブ画像それぞれのルールをあらためて確認しておきましょう。

確認した上で攻略法を実践できれば売上アップにつながるはずです。

この記事を書いた人

株式会社Wacworks 代表取締役社長 舟瀬
2021年11月に創業。自社サイト、楽天市場、Yahooショッピング、AmazonなどECサイト・モールに特化したコンサルティング事業を行っています。"売上をグロースさせたことがあるコンサルタント"のみをパートナーとしてアサインし、EC事業者さまの売上・利益を最大化するお手伝いをさせていただきます。
「売上が上がらない」「人手が足りない」などのお悩みを解決!詳しくはこちら

【5分でわかる】FBAマルチチャネルサービスのメリットとデメリットや登録方法を紹介

2023.05.30

【5分でわかる】FBAマルチチャネルサービスのメリットとデメリットや申込方法を紹介...

ECサイトを複数運営していると在庫管理や発送手配に時間がかかり、販売管理に時間がかけられな……

ECパッケージのメリットデメリットを紹介【3つの選定ポイントも解説】

2023.05.29

ECパッケージのメリットデメリットを紹介【3つの選定ポイントも解説】...

ECサイトを構築する方法はASPやオープンソース、ECパッケージなど商品やサービス、売上規……

2023.05.19

楽天転換率を上げる方法は?平均値とおすすめのツールも紹介...

EC-UPの有料プラン(シルバー・ゴールドに限る)で使える割引コードを配布しています!割引……

2023.05.19

ネクストエンジンとは?サービスの特徴や料金・評判を解説!...

ネクストエンジンは、ネットショップやECサイトの管理に便利なツールです。Yahoo!ショッ……

ECサイト構築サービスはなぜ便利?【導入メリットと5つのサービスを解説】

2023.05.17

ECサイト構築サービスはなぜ便利?【導入メリットと5つのサービスを解説】...

「なぜ最近ECサイトの構築サービスを利用する人が増えているの?」「具体的な導入メリットを教……

【利用推奨】物流アウトソーシングはなぜおすすめ?【5つの活用メリットを解説】

2023.05.16

【利用推奨】物流アウトソーシングはなぜおすすめ?【5つの活用メリットを解説】...

「物流をアウトソーシングするメリットは?」「どんな業務を依頼できるの?」「業者に依頼する場……

ECサイトで在庫管理はなぜ必要?【活用メリットと効率的に運用するポイント3選】

2023.05.13

ECサイトで在庫管理はなぜ必要?【活用メリットと効率的に運用するポイント3選】...

「ECサイトで在庫を管理する目的は?」「管理すると得られるメリットを知りたい!」「システム……

【活用必須】発送代行のサービス内容と活用メリット5選を解説

2023.05.12

【活用必須】発送代行のサービス内容と活用メリット5選を解説...

「発送代行って何?」「活用するとどんなメリットがあるの?」「具体的なサービス内容を教えてほ……

ECカートの5つの機能と4つの種類を解説【選定ポイントも3つ紹介】

2023.05.11

ECカートの5つの機能と4つの種類を解説【選定ポイントも3つ紹介】...

EC事業を始める際に重要なのがECカートシステムの選定です。 なぜならECカートは数……

セラースプライトとは?使い方とできることを徹底解説

2023.05.30

セラースプライトとは?使い方とできることを徹底解説...

セラースプライトを月額30%オフで使える割引コードを配布しています!割引コード:JW601……

ECサイトの集客方法7選【集客が必須な理由と売上アップのポイントも解説】

2023.05.02

ECサイトの集客方法7選【集客が必須な理由と売上アップのポイントも解説】...

「ECサイトでも集客が必要?」「どんなマーケティング手法があるの?」「集客アップのポイント……

【5分でわかる】Amazonストアページを作成する3つのメリットと作成方法

2023.04.30

【5分でわかる】Amazonストアページを作成する3つのメリットと作成方法...

AmazonでEC事業を始めて競合他社の商品ページをみると独自性があると感じたことはないで……

ECモールとは何?【5つの出店メリットと3大モールの特徴も解説】

2023.04.26

ECモールとは何?【5つの出店メリットと3大モールの特徴も解説】...

「ECモールとはどんな出店形式?」「出店するメリットは?」「楽天市場やAmazonはECモ……

ECサイトのリピート率を劇的に伸ばす方法5選【重要性も紹介】

2023.04.25

ECサイトのリピート率を劇的に伸ばす方法5選【重要性も紹介】...

ECサイトの運営を始め、新規顧客の獲得はできるがリピーターが増えず、悩んでいる方も……

Amazon FBAパートナーキャリアの3つのメリットや料金を解説【利用すれば送料がさらに安くなる】

2023.04.24

Amazon FBAパートナーキャリアの3つのメリットや料金を解説【利用すれば送料がさらに...

AmazonのFBAを利用している方は、FBA倉庫に納品する必要があり、その度に発送料金を……

セラースプライトのログイン方法は?主な機能と使い方も解説

2023.04.19

セラースプライトのログイン方法は?主な機能と使い方も解説...

セラースプライトを月額30%オフで使える割引コードを配布しています!割引コード:JW601……